2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
捻挫のはずが…
- 2015/06/17(Wed) -

旅行から戻った翌6月3日、普通に出勤しました。
但し、かなり右足が痛むので足を引きずりながらゆっくりゆっくりと歩を進めます。
万が一のことを考え整形外科外来受診の予約を取り付け、午前中は電子カルテのワゴン車を杖代わりに仕事してました^^;

同僚や、病棟の若先生には「その足ただ事じゃないでしょ!!!」とかなり心配されつつ11時半頃受診の順番が回ってきて整形外来で診察を受けました。
担当のDrに受傷時の状況を説明し、触診で痛む部分を確認されレントゲンを撮ってくるように言われました。

それでもまだ捻挫だと思っていた私は「どの位で直りますかねぇ?」と質問し、Drに「まだ診断もついていないでしょ?」と
失笑されました。
でも、レントゲン撮るまでもなくDrには分かっていたんだろうなぁ…。

写真を目の前にして
Dr曰く「良くこの足で歩いていたねぇ…。」
私「え?」
Dr「骨折しているよ!」
私「は?」
Dr「じゃあ、入院ね、看護師さん病棟に連絡して。」
私「うそ!」
Dr「オペ日はね、明日は混んでるから明後日か…。」
私「およ???」
Dr「病名はね、なんたらかんたら…。わかった?」
私「…。」呆然…
Dr「はい、紙に書いてあげるからね、サラサラサラ…。」
こんな調子で急遽入院が決まり、夜勤明けで自宅にいた旦那さんに迎えにきて貰い、準備を整えるため
いったん家に戻りますが、午後1時過ぎには入院患者に変身しておりました^^;

この記事のURL | 骨折 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<右足関節果部骨折 | メイン | 下北半島最終日…そして私の足>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nikolaschkaark.blog107.fc2.com/tb.php/505-afa4873c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。