2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九重連山…平治岳
- 2014/06/07(Sat) -

キャプチャa
別府温泉からf二日目の目的地、九重長者原ビジターセンターまでは約1時間半61kmの道のりです。

大分自動車道で湯布院までもどり、そこからやまなみハイウェイを行きます。
やまなみハイウェイなんて、どなたのネーミングなんでしょうか…まさに緑の大海原を行くような雄大でゆったりとした景色の中
快適なドライブが楽しめました。

この日は長者原ビジターセンターから坊ガツルに行き、そこから平治岳(ひいじだけ)を目標にしていました。
登山開始が9時なので、行けるところまで行って時間で折り返す予定での出発です。
キャプチャb

 

 

2014 05 31_3  2014 05 31_4
長者原ビジターセンターから、タデ原湿原を進むとケヤキやミズナラの生い茂る樹林帯に入ります。
しばらくこの樹林帯が続き、展望は望めませんが木陰の気持ち良い登山道で、あまり暑さを気にすることなく歩くことが出来ました。

2014 05 31_52014 05 31_62014 05 31_8
樹林帯を抜けると視界が開けミヤマキリシマやリンドウの花が道端に咲いています。

2014 05 31_72014 05 31_92014 05 31_0028-8
そして雨ヶ池…ここは名前のごとく雨が降ったあとは池になる湿地帯…しばらく木道を進むと雨ヶ池越の樹林帯に入り、そこから抜け出すと坊ガツルが見えてきました。
そして雨ヶ池からも見えていた目的地平治岳…山の斜面がピンクに染まっています。

2014 05 31_0036-9 坊ガツルに到着したのは11時過ぎ…これから平治岳の
 頂上までは2時間はかかる道のりですが、ここまで来て             
 あのピンクに染まった平治岳を間近に見ない手はないと
 即断し、トイレ休憩のみでまた歩き始めます。
 しかし、ここからがちょっときつい…時間もないので写真も
 撮らず黙々と歩き続けますが、ずっと樹林帯の登りが
 続きます。
 そしてやっと視界が開けて大戸越に出ました。
 平治岳登山道の入り口から約1時間の道のりでした。

 

2014 05 31_11 2014 05 31_12
大戸越と言うのは平治岳南峰への登り口で見上げる斜面が美しいピンクに染まっています。
そして写真でも分かると思いますがけっこうな急斜面です。
リュックはここで降ろしてカメラとストック、水だけを持ってこの斜面を登りました。

2014 05 31_14 2014 05 31_16

2014 05 31_18 2014 05 31_19
なんかもう神憑り的な美しさなんですけど…写真ばかり撮っているからなかなか登り切れない(笑)

2014 05 31_21    2014 05 31_22
やっとこさ南峰の頂きに立ち、景色の美しさに見とれ…そのあと振り向くと…

2014 05 31_232014 05 31_25
あっちが平治岳の頂上なんですね♪…思わず感嘆の声!
しかし、この時点ですでに13時半…まだ昼食も摂っていない状態なのでピークハントは諦めて、リュックを置いた大戸越まで戻ります。しかし急斜面って登りは何とか知らないうちに登っちゃうけど下りはきついのよね。
この南峰斜面には登専用と下り専用の登山道に分かれていてミヤマキリシマの時期の混雑緩和をしているのだとか…。
やっとこさリュックのところまで戻り遅い昼食にありつきました。
昼食を終えて帰路に就いたのが14時半過ぎ…日暮れ前に長者原まで戻れるかいな…とちょっと心配になりつつ
先を急ぎます。とりあえずヘッドランプも持ってるし、iPheneの地図アプリでログも録っているので暗くなっても迷子にはならないはず…と、ちょっとドキドキしながらの帰路でしたが17時半過ぎに長者原に戻ることが出来ました。
じつはこの翌日が九重の山開きで、夕方坊ガツルへ向かう人やナイトハイクの人もいるみたいで登山道はまるっきり人気が無くなると言うことはなく、怖い思いをすることもなく下山することが出来ました。


詳しいコースタイム等はヤマレコをご覧下さい。
この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<久々の遠出 | メイン | ホテル ニュー松実>>
コメント
--
 こんにちは、九州の旅お疲れ様でした。平治山の登山
の写真綺麗です。

 私も、ビジターセンター~車で阿蘇の方へ行った、
牧の戸峠から山を散策しましたが風景も素晴らしいです。

 Nikoさん、紅葉のシーズン11月中旬もう一度訪問
して見て下さい。やまなみハイウエイの紅葉は素晴らしいです。

 それから今度機会があった時、別府~湯布院へ、一般道を
利用してください。峠を越えますが、別府側では、別府湾
を見下ろし、由布岳の麓を通って、湯布院の町を見下ろす
等素晴らしい風景に出会える道です。高速とは違った風景
です。
2014/06/09 16:43  | URL | 吉野川 #-[ 編集] |  ▲ top

-九重連山…やまなみハイウェイ-
to 吉野川さん
今回の九州旅行ですっかり九重連山の虜になってしまいました。
最近は坊ガツル賛歌を口ずさみながら、自分が撮ってきたミヤマキリシマの写真を見てマッタリとしています。

秋、紅葉の時期もさぞかし美しいことでしょう…今年の11月、また九重へ行ってみようかと密かに考えているところです。
2014/06/11 17:01  | URL | niko #-[ 編集] |  ▲ top

-お疲れでした。-
阿蘇といい、霧島山といい、そしてこの九重連山といい、
東北とは違う独特の山並みは、なんか登山欲をそそるものがありますね。

今週のNHKの「にっぽん百名山」では、霧島山をやっていましたが、
良さそうでしたよ・・・、今度はぜひ霧島山へ(笑)

機会があったら(なさそうですが^^;)自分も行ってみたいです。
2014/06/12 00:26  | URL | で~ #-[ 編集] |  ▲ top

--
投稿者が「で~」になってしまいましたが、
上のコメントは、キャノンで~るです。
2014/06/12 00:30  | URL | キャノンで~る #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/14 17:48  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nikolaschkaark.blog107.fc2.com/tb.php/476-0a5a59c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。