2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いとこおじ
- 2009/10/03(Sat) -

SBSH0007-1.jpg今回のシルバーウィークに訪問した茨城の親戚は、母の従兄弟夫婦なので その従兄弟夫婦の子供と私は、「はとこ」同士。じゃあ私にとって親の従兄弟のことはなんと言うか、それが分からずブログで適当に叔父夫婦と書いたらその母の従兄弟から「違う~!」とクレームが付きました(笑)…「じゃあ何と言うの?」と聞いたら母の従兄弟も分からないと…^^;
どう考えても叔父さんみたいなモノなんですが、九つ違いで叔父さん呼ばわりされたことが心外らしいです(笑)
で、調べてみましたら、どうも親の従兄弟のことをいとこおじと言うらしい…けっきょく叔父さんじゃん≧(´▽`)≦
だけど、今度からご要望に応えて親戚のお兄さん夫婦と呼んであげようと思います^^

↑の写真は、訪問した日の夕飯に御馳走になったメヒカリの唐揚げ♪
綺麗に内臓を取って、二度揚げするのがコツだとか…白身のお魚なんですが、すごく脂が乗っていて骨も柔らかく
頭からぺろりと平らげてしまいました。
レモン汁を絞っていただくともう最高です(^-^)

2009 09 22_4604-1.JPGさて、お兄さん夫婦の家に泊まった翌日は、袋田の滝まで観光です。
日本三大名瀑にも名前の挙がる滝ですが、小学生の頃一度訪れたきりでした。
あのときは、けっこう感動したような気がするのですけど…今回は有料のトンネルを
通ってエレベーターで観瀑台へ…ムムッ、滝が近すぎてよう見えません^^;

結局、無料の観瀑台の方が滝の全容が掴めるのですが、今年は水不足のせいも
あって迫力有る滝の姿を想像していた私は少しがっかりです。

途中、生瀬の滝まで(袋田の滝の上流にある小さな滝)20分という案内板を見つけ、そちらに向かってみることにしたのですが、ずっと上りの階段続き…
母と親戚のお姉さんはすぐにリタイア^^;
で、九つ違いのお兄さんはと言うと、全然休むことなくせっせと登っていくんだよ~!

                                       袋田の滝→


2009 09 22_4619-2.jpg私なんて途中で息切れしちゃって、カメラを構える手がぶれて
上手くシャッター押せなかったって言うのにね…だ・け・ど・
目的に着いたときの親戚のお兄さんときたらバケツの水を
頭から浴びせられたようなまさに滝のような汗(笑)
昨夜のビールがみんな絞れてしまったようでした^^;

次回は、「もう少し鍛えておく。」と言っていましたが、
では軽い山登りでも企画してみようか…(^_-)-☆

←生瀬の滝
紅葉の時期は見応え有るんじゃないかと思います。

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<収穫祭 | メイン | ディア・ドクター>>
コメント
-夜中におはようございます-
茨城と言うと、独特の方言をイメージすんなだげんど、写真のポイントも良い所ありますねぇ~~~
紅葉はどうなんでしょう?

目光うまそう~~~~
旨いとは聞いたけど、グロで食べたことないけど.

何で今頃、コメントしているかと言うと
白鷹の親戚から、お祭りしったがら来いと。
今帰ってきた所です

おもしゃがったぁ~~~~
2009/10/04 01:13  | URL | 梵太丸 #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

-そうけ~(笑)-
梵太丸さん、おはようさま♪
茨城の方言は語尾に「け~」と付くのが特徴でしょうか。
こっちの「ず~」と似たようなモノですね(笑)
袋田の滝は、滝一つでこんなにお客が集められるのかと思うくらいの観光地でした。
シルバーウィークと言うこともあってすごい人出!
有料の観瀑台エレベーターは20分待ちでしたよ^^;
でも紅葉の季節は、もっと凄いらしいです。

キツネ祭りですか?
私に内緒で行くなんてずるいなぁ(笑)
2009/10/04 07:47  | URL | niko #zaTBqBzo[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nikolaschkaark.blog107.fc2.com/tb.php/221-c1c1bd5e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。