2014 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九重連山…平治岳
- 2014/06/07(Sat) -

キャプチャa
別府温泉からf二日目の目的地、九重長者原ビジターセンターまでは約1時間半61kmの道のりです。

大分自動車道で湯布院までもどり、そこからやまなみハイウェイを行きます。
やまなみハイウェイなんて、どなたのネーミングなんでしょうか…まさに緑の大海原を行くような雄大でゆったりとした景色の中
快適なドライブが楽しめました。

この日は長者原ビジターセンターから坊ガツルに行き、そこから平治岳(ひいじだけ)を目標にしていました。
登山開始が9時なので、行けるところまで行って時間で折り返す予定での出発です。
キャプチャb

 

 

2014 05 31_3  2014 05 31_4
長者原ビジターセンターから、タデ原湿原を進むとケヤキやミズナラの生い茂る樹林帯に入ります。
しばらくこの樹林帯が続き、展望は望めませんが木陰の気持ち良い登山道で、あまり暑さを気にすることなく歩くことが出来ました。

2014 05 31_52014 05 31_62014 05 31_8
樹林帯を抜けると視界が開けミヤマキリシマやリンドウの花が道端に咲いています。

2014 05 31_72014 05 31_92014 05 31_0028-8
そして雨ヶ池…ここは名前のごとく雨が降ったあとは池になる湿地帯…しばらく木道を進むと雨ヶ池越の樹林帯に入り、そこから抜け出すと坊ガツルが見えてきました。
そして雨ヶ池からも見えていた目的地平治岳…山の斜面がピンクに染まっています。

2014 05 31_0036-9 坊ガツルに到着したのは11時過ぎ…これから平治岳の
 頂上までは2時間はかかる道のりですが、ここまで来て             
 あのピンクに染まった平治岳を間近に見ない手はないと
 即断し、トイレ休憩のみでまた歩き始めます。
 しかし、ここからがちょっときつい…時間もないので写真も
 撮らず黙々と歩き続けますが、ずっと樹林帯の登りが
 続きます。
 そしてやっと視界が開けて大戸越に出ました。
 平治岳登山道の入り口から約1時間の道のりでした。

 

2014 05 31_11 2014 05 31_12
大戸越と言うのは平治岳南峰への登り口で見上げる斜面が美しいピンクに染まっています。
そして写真でも分かると思いますがけっこうな急斜面です。
リュックはここで降ろしてカメラとストック、水だけを持ってこの斜面を登りました。

2014 05 31_14 2014 05 31_16

2014 05 31_18 2014 05 31_19
なんかもう神憑り的な美しさなんですけど…写真ばかり撮っているからなかなか登り切れない(笑)

2014 05 31_21    2014 05 31_22
やっとこさ南峰の頂きに立ち、景色の美しさに見とれ…そのあと振り向くと…

2014 05 31_232014 05 31_25
あっちが平治岳の頂上なんですね♪…思わず感嘆の声!
しかし、この時点ですでに13時半…まだ昼食も摂っていない状態なのでピークハントは諦めて、リュックを置いた大戸越まで戻ります。しかし急斜面って登りは何とか知らないうちに登っちゃうけど下りはきついのよね。
この南峰斜面には登専用と下り専用の登山道に分かれていてミヤマキリシマの時期の混雑緩和をしているのだとか…。
やっとこさリュックのところまで戻り遅い昼食にありつきました。
昼食を終えて帰路に就いたのが14時半過ぎ…日暮れ前に長者原まで戻れるかいな…とちょっと心配になりつつ
先を急ぎます。とりあえずヘッドランプも持ってるし、iPheneの地図アプリでログも録っているので暗くなっても迷子にはならないはず…と、ちょっとドキドキしながらの帰路でしたが17時半過ぎに長者原に戻ることが出来ました。
じつはこの翌日が九重の山開きで、夕方坊ガツルへ向かう人やナイトハイクの人もいるみたいで登山道はまるっきり人気が無くなると言うことはなく、怖い思いをすることもなく下山することが出来ました。


詳しいコースタイム等はヤマレコをご覧下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ホテル ニュー松実
- 2014/06/06(Fri) -

 

2014 05 30_0568-1 2014 05 30_0567-1
初日の宿は、別府タワーのすぐ近くにあるホテルニュー松実。お部屋は5階の広い和室で、窓からは別府湾が一望…!
もちろん展望露天風呂でゆっくり旅の疲れを癒し別府湾の眺めを堪能いたしました。

2014 05 30_0407

お食事は部屋食でした。
一人旅で部屋食ってちょっと辛いモノがあるのですが…
何がってビールのお代わりとか頼み辛いし…
おかげで1本しか飲みませんでしたよ(笑)

食事は海の物、山の物を使った新鮮なお料理で
手頃な量なのでそこは助かりました^^

この日は、次の日の荷物の整理をして早めに休みました。

 

翌朝、露天風呂は日の出の時間に合わせて入浴可となります。
2014 05 30_0569-1 2014 05 31_0481-1
5月31日朝5時…
周囲は明るいですがまだ日の出前です。
2014 05 31_0485-12014 05 31_0487-12014 05 31_0490-1

日の出です♪
2014 05 31_0506-1  2014 05 31_0522-1
pm2.5の影響か黄砂の影響か…何となく靄がかかったような景色ですが、それでも前日の夕方よりは遠くまで見えたかな。

2014 05 31_0523-1

朝食を早めにいただいて、
7時ちょっと過ぎに宿をあとにしました。

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
別府へGO!
- 2014/06/06(Fri) -

キャプチャ5-1
さて、福岡空港には予定通り12:20に到着しました。
「空港上空が混み合っています。」と言うことでしばらく停滞したあとでの着陸でしたが時間的には遅れ無し。
空港ターミナルで昼食を摂ってからレンタカーで別府へ向かいました。

途中コンビニで買い物(カセットボンベとライター)をし、九州自動車道を通って約2時間148kmの道のりです。
初日の宿を別府にするか湯布院にするか迷うところではあったのですが、ひとりで湯布院の高級温泉は敷居が高いかな…
と言うのと別府温泉の地獄を見てみたいと言うのがあり別府に宿を決めました。
途中休憩を入れながら3時半頃別府温泉に到着しました。
さっそく別府温泉地獄めぐりです。

2014 05 30_0225-1 2014 05 30_0242-1
最初に訪れたのは坊主地獄…綺麗な日本庭園の中にプレイリードッグの巣みたいな土盛りがいくつもあって、その真ん中が
煮えたぎる熱泥壺になっていました。
2014 05 30_0297-1 2014 05 30_0248-1
坊主地獄の謂われがちょっと悲しいかな…寺ごと吹き飛ばされた坊さんの頭の様だと言うのですが、坊さん地獄から戻りたくてもがいているのかな…。

2014 05 30_0309-1 2014 05 30_0346-1
次に訪れたのが海地獄…温泉の色が海の色みたいだと言うところから付いた名前のようですが本当に鮮やかなブルーで
とっても綺麗でした。園内には温泉を利用した温室があり熱帯性の色とりどりの睡蓮やオオオニバスがありました。
オオオニバスって育つと子供がその葉の上に乗れるって言うヤツですが、実際蓮の葉が成長すると子供を乗せるイベントとかもするみたい。乗せて貰えるのは子供だけだよなぁ…私も乗ってみたいけどきっと沈むよな…なんてアホなことを思いながら
見学してきました(笑)

隣接した敷地内に鬼石坊主地獄って言うのもありました。
ここは足湯もあり入浴施設もありと言うところです。
2014 05 30_0360-1 2014 05 30_0385-1
ここは見ていて一番芸術的に感じたなぁ…泥池の中に湯玉がポコリポコリと沸き上がるのですがそれが上の写真のような
綺麗な紋様を描き見ていて飽きがこないのです。

いつまでも眺めていたい気持ちを振り切って次へ向かいます。
この時点で4時半を回っていたので地獄と言えばここでしょ!ということで最後に血の池地獄へ行ってきました。
2014 05 30_0392-1
ここは、海地獄や鬼石坊主地獄からちょっと離れたところにありまして車で5分ぐらい行ったところにありました。
トマトジュースが煮えたぎってる!!!と言うのが感想です(笑)
名前からもっと迫力ある地獄を想像していたのですが、色だけなんですねぇ…っと言うことで
時間切れにて地獄めぐりは終了です。
他にも沢山地獄があるようですが、どこも入園料は400円くらいで全部回るとバカにならないお値段になりそう(笑)
しかし、話のネタに一度訪れてみるのも悪くないと言う感じの観光地でした。

2014 05 30_0260-1 2014 05 30_0299-1  
これは天然の蒸し釜…実際の生活の中で利用されているらしくそんな様子も見てみたくはありましたが
翌日のことを考えて宿に向かいました。

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いざ出発!!!
- 2014/06/05(Thu) -

5月30日~6月2日まで三泊四日、九州の旅を楽しんできました。
まずは米沢の自宅から車で仙台空港へ…。

荷物は大きめのキャリーバックとカナナリュックです。
本来私は旅行時でも荷物は最低限少なくする主義なのですが、今回キャリーバックの中には登山用リュックに登山靴、ストックが2本という無茶ぶりです(笑)

じつは、二日目にトレッキングというか登山を予定していまして、それも予定は未定で出発時にはまだどういうコースで登山するかの計画出来ていない状態…。いろいろバリエーション考えていて決められない状態だったと言うことなんですけどね^^;

とりあえず、どうにでも対応できるよう日帰り登山用具フル装備と相成ったわけですよ。
で、空港でしっかりひっかかりました。キャリーバック内のバーナー用のミニガスボンベと小さいチャッカマン。
ガスボンベはロッカーでお留守番、チャッカマンはお取り上げ(; ;)ホロホロ

ライターって1本に限り機内持ち込みOKだけどチャッカマンはライターではないんですと?!
何がどう違うんだ!!!
と言うことで荷物検査でもたつきました。
その後は順調に搭乗手続きを済ませ無事機上の人へ…

ここで一つ学んだことは登山用バーナーの燃料は現地調達ということ。
その際、バーナーは登山用の専用カートリッジを使うタイプだと現地調達の時面倒。
だけど私が使っているイワタニのジュニアバーナーは、俗に言うカセットフーのガスボンベなのでコンビニでもどこでも手に入る。値段も安い…今回の旅行で一番お勉強になった事柄です(笑)

2014 05 30_0205-1

2014 05 30_0220-1
さて上の写真、飛行機がどこを飛んでいるのか分かりますか?
もともと、飛行機って苦手だったのですが、機上から見下ろす風景は地図の上を空中散歩している気分で、自分に分かる山脈や湖が見えたりするとすっかり胸がときめくようになりました(笑)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ただいま~♪
- 2014/06/02(Mon) -

2014 06 02_9795-1

三泊四日の九州旅行、大きなトラブルもなく無事に帰宅いたしました。
しかし、最初の計画ではトレッキング程度だったんだけどマジ登山をしてしまった…。
お陰様で後半がバテバテ…当たり前だわ(笑)

後ほど九州旅行のレポートアップ予定。
とりあえず今日はもう…お休みなさい(─。─)ネル・・・zzz・・・

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
阿蘇~!
- 2014/06/01(Sun) -
この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。