2008 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
初雪なのかな…
- 2008/10/30(Thu) -
P1020332-1.jpg
ついに来た~!!!という感じでしょうか…
昨日、蔵王はかなり降ったという話を聞きました。
西吾妻スカイバレーも夜間は通行禁止だとか…
これは、今朝は天元台あたりは…と思っていたらご覧の通り。
米沢の今朝の気温は3℃…寒いわけだよねぇ^^;
スポンサーサイト
この記事のURL | 米沢の四季 | CM(2) | ▲ top
秋の撮影会2…西蔵王にて
- 2008/10/26(Sun) -

10 21_4187-2.jpg

撮影会二日目は、taeさん宅で美味しいコーヒーをいただいた後、西蔵王方面へ向かいました。
taeさんが良く撮影に行くという三本木沼と大山桜で有名になった 西蔵王放牧場です。

↑きっと、赤く色づいている木が大山桜じゃないかな…と思います。
この写真を撮ったのは2時半頃なので、すでに午後の光に木の影法師が伸び始めています。

<三本木沼にて1
< < < < <

三本木沼では何が釣れるのか、釣り糸を垂れている人が沢山いました。
ほかほか陽気に絶好の釣り日和だったかな…^^

お昼を食べた後に、西蔵王放牧場へ行ったのですが、牧場の人とおぼしき方を2人くらいお見かけしただけで、
後は誰もいなくて…私たち4人の貸し切り状態です。

ゆるゆるとした坂道を上りながら、皆それぞれ気の向くままにカメラを構えシャッターを押していました。

春には、あの赤やオレンジに色づいた木々に大山桜が満開になるのかしら…

この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
秋の撮影会1…小国にて
- 2008/10/25(Sat) -

いったい、いつ頃からだったでしょうか…
ブログで知り合ったお仲間と「一緒に撮影会をしたいね^^」なんて言うお話が出だしたのは…

同じ時期に熊野神社の大イチョウや、寒牡丹の写真を撮りに行っていたりしたのに気づいてお付き合いが始まったお仲間です。

メールや電話で連絡を取り合って、10月20・21日と地元山形でオフ会写真撮影会を行うことが出来ました。
お天気も上々で、楽しい会話の中和気藹々とした撮影会になりました。

taeさんの妹yunさんの飛び入り参加、 またtaeさんのフォトクラブ仲間のyamaseiさんにもおいでいただいて、
カメラの基本操作や風景の切り取り方のコツなど教えていただきました。

私は普段からお任せモードで撮ることが多かったのですが、マニュアル操作ちょっとだけ分かった気がします^^;
でも、デジカメって奥が深い…色々なことが出来るのねって思いました…また一眼欲しい病が再発しそうです(笑)

今回taeさんには色々お骨折りいただいて…本当に楽しい撮影会を実行することが出来ました。
でもそのtaeさんが恋患いならぬ声患いになってしまい…早くお元気になりますように(^-^)

<温身平(ぬくみだいら)周辺1
< < < < <
この記事のURL | 日記 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
屏風岩
- 2008/10/19(Sun) -

10 18_3906-1.JPG

今回の目的地はここ…南会津の屏風岩です。
ここは、べにまるさんのブログにアップされていた写真に目が釘付けになっちゃって…
なんとしても行きたくて…ほとんど福島縦断になっちゃうなぁ~と思いながらも、結局行って来ちゃいました(笑)
ちょうど良い感じに木々が色づいて、片道6時間かけてきた甲斐ありました^^;
行きは、景色が良いとすぐ車を停めて写真を撮って…なんて言うことをしながら来たから時間かかったけど、
帰りは道路真っ暗で写真撮れるとこなかったので早かったです。


10 18_3909-1.JPG

10 18_3913-1.JPG10 18_3931-1.JPG

白い奇岩の岩肌に、錦が彩られてそれはそれは綺麗な眺めでした。

10 18_3960-1.JPG10 18_3993-1.JPG

また伊南川の水が何とも言えない澄んだ水色で、しばし水の流れに見とれていました。
その景観は裏磐梯の中津川渓谷に似た風情でもありますが、水の勢いでえぐり取られ形作られたと思われる奇岩の姿には
ただただ迫力を感じました。

10 18_3988-1.JPG

午後3時過ぎの日の光に、木々が最後の輝きを見せているようでした。

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ちょっと遠出を…
- 2008/10/18(Sat) -

   今日は、と言うか今日も…ちょっと遠出をしてきました^^;
      最近実母を全然かまっていなかったので、「紅葉を見に行かない?」と声をかけると二つ返事で「うん!行く行く♪」と…^^;

   そこで、スカイバレーを錦平から裏磐梯…福島方面に向かって紅葉を求めてドライブすることにしました。  

10 18_3823-1.JPG

    ↑これはスカイバレー錦平へ行く途中にある不動滝♪
    お天気良かったので、なかなかの見応えあり(笑)

10 18_3862-1.JPG

錦平はの紅葉は、もう見頃は過ぎていましたが、青空がとっても綺麗でした^^
きっと先週あたりが、かなり美しかったのではないかと思われますが、先週の3連休は凄い人出で、一切経山から
裏磐梯を抜けてスカイバレーの紅葉も見て帰るつもりだったのが、車の渋滞に恐れをなして飯坂側から米沢に帰ったので、
錦平のピークは見過ごしてしまったようです^^;

10 18_3880-1.JPG

これは檜原湖です。
米沢側に比べると、紅葉もまだまだという感じかな…

10 18_3889-1.JPG

磐梯山ゴールドラインを抜けて…
やっぱり今日はこの山に登るべきだったかな…と思わせるような良いお天気と景観♪

磐梯山登山は来年の楽しみにとっておくこととして、母孝行と言うよりは、自分の好奇心を満たすためのドライブは続きます(笑)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鎌沼と桶沼
- 2008/10/14(Tue) -

浄土平1.JPG
今回のコースはこんな感じ↑…

10 12_3389-1.JPG

10 12_3397-1.JPG
鎌沼です。
空模様の関係で、沼全体が真っ青という姿にはお目にかかれませんでしたが、一部青空を映した沼の畔はおとぎの国の湖畔のように美しい…

10 12_3434-1.JPG

10 12_3445-1.JPG
沼の周囲と蓬莱山をぐるりと回って、浄土平駐車場に向かう途中で見える一切経山…

10 12_3530-5.JPG
今回は、桶沼にも寄ってきました。

10 12_3532-1.JPG10 12_3538-2.JPG
深い翡翠のようなグリーンの水面に、畔の紅葉が写り込んで、これまた見とれるような美しさ…
桶沼は、是非一度立ち寄ってみたいところだったのですが、ここも来年の今頃また行きたくなるだろうなぁ~(笑)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
魔女の瞳
- 2008/10/13(Mon) -

今年も行ってきました魔女の瞳♪
スケジュールの都合で、空とにらめっこしながら昨日一切経へ登ってきました。
きっと今日だと、あんな寒い思いはしなくて済んだかも…^^;

10 12_3155-1.JPG

10 12_3192-1.JPG

10 12_3199-1.JPG
まずは天狗の庭周辺の紅葉です。

去年は天狗の庭はガスがかかっていたけど、今回は青空の中バックに吾妻小富士の姿も見えました。
でも吾妻小富士は晴れているけど、一切経山には雲がかかっている状態で、風が強いから雲は飛ぶかな…なんて思いながら
とりあえず浄土平駐車場へ^^;

 

10 12_3228-1.JPG
駐車場はすでに臨時駐車場に車を誘導しているほどの混みようで…風はビンビン、レストハウス周辺に人はわんさか(笑)
レストハウスの外で岩魚の塩焼き売っていたので、それを一匹平らげてから出発です。

毎度お馴染み、直登のガレ場コース…写真撮るふりをしながら、しょっちゅう足を休めての登山です(笑)

途中鎌沼を見下ろしながら一切経山頂上へ…鎌沼には雲がかかって真っ青な沼は見られませんでした^^;

頂上は凄い風で、魔女の瞳へ降りるガレ場を途中まで下ったところにある大岩のテラスの上に陣取ったものの、
三脚とカメラごと吹き飛ばされるんじゃないかと思った。

10 12_3252-1.JPG

10 12_3337-1.JPG
けっきょく大岩のテラスの上で30分ぐらい魔女の瞳に見とれていたんだけど、
そのうち指がかじかんでシャッターは押せなくなるわ、鼻水出てくるわで、
凍え死ぬ前に引き上げてきました(笑)

だけど、この美しさは何とも言えない感動もの!!!
今年で3年続けて魔女の瞳に会いに来ているけど、きっと来年の今頃も絶対魔女の瞳を見に行くと思います。
コバルトブルーの水面に雲の影が作る陰影が何とも言えずに美しいのよ~♪
そしてこの時期、周囲の紅葉が相まって、まるでオパールの指輪が輝いているように見えるのです。

子供の頃読んだ絵本に、紅葉の山は宝石箱のようだ…みたいなお話があったのですが、
ここは私にとって、本当に心の宝石箱かもしれません(^-^)

そうそう、凍えながら写真撮っているとき、二人連れの山男さんが5月末の魔女の瞳も綺麗だよと教えてくれました。

何でも、まだ薄氷が張っていて真ん中の部分が溶け始めて目玉焼きみたいに見えるんですって^^;
でもそれって、ここへたどり着くまでの道には雪があるって言うことだよね…とっても行ってみたいけど、マジで遭難しそうです(笑)

 

 

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
月山登山  その2
- 2008/10/06(Mon) -

画像1.jpg
月山登山の続きです(笑)

今回私が行ったコースを、緑色に塗りつぶしてみました。
月山リフトを降りてから姥ヶ岳頂上を目指し、金姥、柴灯森…ここまでが昨日ブログにアップしたところです。
牛首コースの合流地点、ここからが問題なんですよね^^;

10 05_月山_3015-1.JPG
これは牛首から金剛沢を見下ろしたところじゃないかと思います^^;

この後はずうっと大きな岩の固まりで出来た石段みたいな急坂の登りで、写真撮る余裕無しでした(笑)

リフト上駅から、頂上までは地図のコース時間で2時間20分。
私は、9時頃から登り始めてお昼ちょっと過ぎに月山神社に着いたから30分以上のオーバーでした^^;
10 05_月山_3020-1.JPG
これね、方角図って言うのかな?
お天気良ければ、こっちには何の山、あっちにはこんな山って見えますよって言うやつ…
山頂近くの、神泉池手前にあるのですが、あたりは真っ白で何も見えませんでした。
実は頂上に近づくにつれて、霧は立ちこめ風吹きすさび、ゼイゼイ言いながら登って暑くなっていた身体が
凍えるような寒さになっちゃって…
やっぱり山の天気って怖いですよね…でも、団体さんがいっぱい居て遭難しそうな感じではありませんでしたけど(笑)

そうそう、先週降った雪の名残もありました。

10 05_月山_3022-1.JPG

とりあえず山頂まで登った証拠と言うことで、月山神社です^^;
石垣に囲まれて風が防げるためか、ここでお昼とっているグループもおりまして…ちゃんとガスコンロ持ってきていて、
シシャモ焼きながらビール飲んでた…暖かいインスタントラーメンも美味しそう(笑)
荷物増えるのがイヤで、私はいつも簡素な食糧事情なんですが、ちょっと羨ましい光景…次回は絶対息子を同行させて、
山頂で暖かいインスタントラーメンを食べる、と言う目標が出来ました(息子は、荷物運びに同行予定ですよ♪)

 

10 05_月山_3033r-1.jpg
帰りは、ちょっと余裕が出たので三脚立ててRAWで撮影してみました。
ちょっといじってますけど、私的には満足のいく1枚かな(^-^)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
月山登山  その1
- 2008/10/05(Sun) -

10 05_月山_2895-2.JPG
来週あたりが紅葉最高と言う誰かさんの言葉に取り憑かれて、金曜日からずっと天気図とにニラメッコ^^;
本当なら、昨日一昨日あたりがお天気も良くて最高だったのだろうけど、本日ようやく行ってまいりました。

久々の山行きです♪
姥沢の駐車場に着いたのが8時ちょっと過ぎだったかな~
このときはまだ青空が見えていたのだけど、下の方から雲がモクモク湧いて出てくる…
用心に越したことはないので、リュックに合羽を入れていよいよ出発です。

↑上の写真はリフト上から…

月山のスキー場あたりのなるのでしょうか…
僅かに見える青空と湧いて出る雲

リフト上駅からすぐに牛首に向かうコースと姥ヶ岳へ登るコースの分岐点
しばし思案の末、姥ヶ岳に向かいました。

10 05_月山_2924-1.JPG
姥ヶ岳の途中から牛首コースの木道を見下ろして…
紅葉は、全体的に黄色が多く、所々に赤く紅葉した木々を見かけましたが、もう終わる頃のようで今ひとつ鮮やかさにかけました。
それでも、なだらかな斜面に織りなすクマザサや低木樹の紅葉が見事なコントラストを見せて、まるで絨毯のようにも見えます。

10 05_月山_2956-1.JPG

ここは、姥ヶ岳山頂から牛首に向かう金姥…(だと思います^^;)
木道の両脇の紅葉とクマザサのコントラストがとてもきれい♪

10 05_月山_2983-1.JPG

10 05_月山_2993-1.JPG
柴灯森かな…
ここら辺までは、余裕があったので色々写真も撮っていますが…

実は膝がジンジンしちゃって^^:
続きは、また明日~(笑)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。