2008 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
うさみのチャーシューメン
- 2008/05/29(Thu) -

080525 026-1.jpg
私は、米沢ラーメンと言ったらここ!そこはうさみです♪
以前は花沢ガードの向こう側、三叉路の一角にあったのですが最近駅前のヨークベニマル前に新装開店です。

080525 028-1.jpg080525 029-1.jpg080525 030-1.jpg
今回は、次男と二人でチャーシューメンを食べてきました。
チャーシューは昔っぽい、ちょっと堅めの醤油がしょんだヤツです。
麺はもちろん細い縮れ麺!
そしてスープはカツオ出汁と鶏ガラなのかな??? 色の割にはしょっぱくない…醤油味のスープですね♪
トッピングのワカメがシャキシャキしていて美味しい^^

米沢ラーメンはここが一番美味しい!(私はね~♪)

ただね、スープがちょっとぬるめかな?
次男は猫舌で、他のラーメン屋さんだと俄然私の方が早く食べ終わるのに、うさみだと一緒だもんね
だけど、米沢ラーメンって、食べてるうちにのびてくる感じがあるんだよね…でも、うさみのスープはちょっとぬるめだから麺がのびる前に食べられちゃう?!と言うことで、次男には評判が良いのですよ~♪
私なら、熱々スープでも麺がのびちゃう前に完食出来ちゃうんだけどなぁ~(笑)

080525 031-1.jpg旧うさみ.jpg
左は新店舗の看板                  
右は旧店舗の様子…写真、ミントパパさんのブログから借りて来ちゃいました^^;

スポンサーサイト
この記事のURL | 食べ物 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
鶴岡駅…そしてお寿司屋さん^^
- 2008/05/28(Wed) -

080526 002-1.jpg
080526 003-1.jpg080526 001-1.jpg
鶴岡駅です…平日それも月曜日の12時過ぎと言うこともあり、人通りも少なくてちょっと閑散とした感じ。
駅前にある銅像は稲束を担いで運ぶ農民一家の姿なのかな…

突然の思いつきで鶴岡までドライブしてきたのでなんの目当てもなくて、とりあえず駅の観光案内へ行ってみようと思いました。
駅の駐車場に車を停めたのがちょうどお昼の12時ね^^
観光ガイドマップとか手に入れば美味しいお寿司やさんとか…今頃見頃の観光場所とかと思ったのですが、
観光案内所はなんと昼休み。
入り口にしっかり鍵を掛けて11:30~12:30まで昼休みですの張り紙^^;…母が「うっそ~!」と言いながら大笑いwww
母曰く「鶴岡もせっかく周平さんブームで盛り上がってきているのに、これはないでしょ?」確かに私もそう思うw
昼休みでもいいから観光ガイドマップ、誰にでも手に出来るとこへ置いといてくれると親切なのになぁ~

この記事のURL | 食べ物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
旧鶴岡警察署庁舎と旧西田川郡役所
- 2008/05/27(Tue) -

080526 078-1.jpg
080526 006-1.jpg080526 024-1.jpg
このオシャレな洋館が旧鶴岡警察署庁舎(県文化財・昭和32年移築)
この建物は鶴岡警察署移転に伴い、昭和32年(1957年)に馬場町(現在の「物産大店でがんす」前)から致道博物館へ移築されたそうです。

080526 068-1.jpg
こちらは、旧西田川郡役所(重要文化財・昭和47年移築)

080526 073-1.jpg080526 075-1.jpg080526 076-1.jpg080526 077-1.jpg
警察署は中に入れなかったけど、郡役所の中は考古学資料や明治時代の資料が展示してあって小学生の夏休みの自由研究に一役買いそうな感じw

左から2番目の写真はつり階段。塔屋へ登る階段で、下からの支えがないんですよ。17世紀の初期ルネッサンス時代に流行した様式をとりいれているそうで、 鹿鳴館時代を偲ぶことができる興味深いものとなっているんだそうです。

右端の写真は、今で言うポンプ車ですね^^母は子供の頃これと同じようなのを見たことがあるそうです。
ん…確かに70過ぎの母にしてみれば懐かしい品々がたくさんあって当然なんだけど、そう言うモノが日常的にはお目にかかれなくなってきているということは、時代の流れなんだから仕方ないんだろうな…。

右から2番目の写真、人力車とガス灯と柱時計の左手に大きな商家にかかっているような看板がありますが、この木製の看板は米沢の古くからのお店でも似たようなモノを見た気がする…

なんでも便利さだけに走るんじゃなくて、古い時代と新しい時代が上手に共存出来ると、そこに癒しの空間も生まれるんじゃないかなぁ~♪なんてふと思ったりしました(^-^)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
旧渋谷家住宅
- 2008/05/26(Mon) -

080526 065-1.jpg
080526 042-1.jpg080526 027-1.jpg
今日は、母に付き合わされて鶴岡までドライブに行ってきました^^;
こちらを出たのが9時過ぎでしたので鶴岡に着いたのが12時を過ぎており、急ぎ足の観光をしてきました。

桜で有名な鶴岡公園の隣に致道博物館というのがありまして、今回はそこを見てまいりました。
↑これは田麦俣の民家(重要文化財・旧渋谷家住宅/昭和40年移築)だそうです。

湯殿山の麓、旧朝日村田麦俣から移築保存しているもので、山村豪雪地域の多層民家です。(田麦俣は11月に降った雪が翌年の5月まで消えないという全国でも有数の豪雪地帯)
二階、三階を養蚕場に利用しているもので、兜造りと呼ばれる美しい屋根の民家です。

080526 035-1.jpg  080526 036-1.jpg  080526 037-1.jpg
080526 038-1.jpg  080526 039-1.jpg  080526 041-1.jpg
内部も昔の暮らしぶりそのままに保存されているそうですが、私の母は台所の造りや厠を見てなんだかとっても懐かしがっていました(母は千葉県人です)。雪を除けるための工夫とかは違っても農業を営む民家は何かと共通するモノがあるらしく、「おばあちゃんがよくドクダミの葉を厠に撒いていたっけなぁ…。」などとしばし思い出にふけっておりました(笑)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
下小松古墳群
- 2008/05/22(Thu) -

080517 150-1.jpg
先週の土曜日は湯ノ沢間欠泉の帰りに、下小松古墳群と言うところへ寄ってきました。
実はこの日のドライブって、白川湖と散居集落の下見だったんです。
yamaseiさんにせっかくのアドバイスをいただいたので、とりあえず山居集落の下見へと出かけたのです。
でも途中温泉に引っかかるわ、迷子にはなるわで、なかなかどうして楽しいドライブだったんですけどね^^;

で、下小松古墳群に辿り着いたのは夕方の4時過ぎ…まだ午後の日差しは明るくて、気持ちの良い風が吹いていたんですが、辿り着いた古墳群の入り口には、帰り支度をしている男性がただ一人…あとは人っ子ひとりいないの^^;
彼も、カメラと三脚を手にしており、古墳群の写真を撮りに来ていたようでした。
そして、興奮した口調で「いやぁ~、凄いですねぇ!! (古墳が)いっぱいあるんですねぇ!」と。
私は、ここに来たのは初めてで、道に迷ったと言いましたら彼も「僕もここに辿り着くのにだいぶ迷いましたよw。」とおっしゃっていました。
そうなんです。途中古墳群への標識があるわけでもないたんぼ道を山裾の方に向かって進んでいくと、もしかしてここ?って思うような農家手前の細道を入ってここに辿り着くんです。

で、私も一目古墳を見なくちゃと遊歩道へと進んでいったのですが…揺るやかな斜面にモコ、モコと盛り上がる小さな丘???

080517 161-1.jpg080517 168-1.jpg
大きなものは、きちんと何号古墳とナンバーが振ってあり、見た目もすぐ古墳と分かるよう周囲もきちんと下草は処理されているんですけどね。
080517 173-1.jpg080517 173-1a.JPG
この私の足元のモコも古墳?…みたいな感じで、古墳だらけなんですよ^^;
左の写真、ただのモコモコした山の斜面のようでしょ?…でも、これも古墳なんじゃないかと…

ドキドキ!古墳って要するにお墓だよね? て言うことは古墳群って昔の墓地って言うことだよね^^;
私は知らずに人様のお墓の上に立っちゃったりしている???って思ったらちょっとやばいかも…って言う気持ちになりまして、
そそくさと退散モードです(笑)
人っ子ひとりいない古墳群も新緑が綺麗で、もう少しするとヒメサユリも見られると言うことなんですけど、とりあえず今回は退散です^^;
今度は、もっと早い時間帯にヒメサユリの時期に来てみようかな…と思いつつ、足元をよく見るとピンクのかわいい花が一杯咲いています。

080517 176-2.jpg
080517 177-1.jpg080517 182-1.jpg080517 186-1.jpg
ここはイワカガミの群生地でもあるようでした。
しっかり逃げ腰になっていたのにイワカガミのかわいらしさに思わずカメラを向けて…
ちょっと不気味さを感じていたのに、そんなことはすっかり忘れて地べたにはいつくばって写真を撮ってまいりました(笑)

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
湯ノ沢間欠泉 湯の華
- 2008/05/18(Sun) -

080517 032-1.jpg昨日はドライブ日よりの良いお天気に誘われて、湯ノ沢の間欠泉まで行ってまいりました。
本当の目的地は白川湖だったのですが、白川湖をすぐ目の前にして、温泉と描かれたピンクののぼりに目が留まり、そのままハンドルを左手に切ってひたすら山の中…左の写真は途中で見かけた大きな農家!なんだかとっても素敵な佇まいに車を停めてシャッターをパシャリ♪
昔の曲屋というタイプかなぁ?などと思いながら運転していくと道はますます山の中…w
080517 071-1.jpg080517 062-1.jpg
こんな渓流沿いの道を、ゴトゴト登っていくと片栗の花が群生してたりする…標高が高いせいか季節の訪れがゆっくりなのね^^

080517 081-1.jpg
ここが目的地の湯ノ沢間欠泉湯の花です。

後ろに山を控えさせて突然にこんな建物が現れます。
先にあった農家から、かれこれ10キロ以上は山道を行ったところでしょうか…。

 

 

 


 

080517 004-1.jpg

080517 009-1.jpg
間欠泉沈黙状態…そして一気に噴出~♪
なんかね、炭酸ガスが吹き出してお湯を噴出させているんだそうです。
内湯は加温していますが露天はそのままで35度くらいしかなく、かなりのぬるめ…
でも南陽から来たというご婦人と露天風呂に浸かりながら、周りの景色にすっかり癒されてきました^^

080517 026-1.jpg080517 021-1.jpg
目に沁みる新緑…南陽のご婦人は、普段お孫さんのお世話に毎日を費やしているとか…
今日は、そんな日常を離れて、ここへホッと一息吐きに来たとのこと♪とってもくつろいでいらっしゃいました^^

私も山の大気に包まれて、看護週間のサポートで疲れた身体に、綺麗な水がしみ込むように山のエネルギーを貰いました♪
やっぱりこの時期は、芽吹き時なので山からのエネルギーもフレッシュで綺麗です。
この次は、ぜひ紅葉の季節に訪れてみなければ…w

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
看護週間
- 2008/05/17(Sat) -

080515 010-1.jpg080515 034-1.jpg080515 038-1.jpg
前にもちょっと触れましたが、5月11日からの一週間は看護週間と言うことで、私が勤務する病院でも様々なイベントが開かれました。

その一つが、健康相談
12日は、禁煙
13日はメタボリック
14日は感染&AEDをテーマに、ほかに血圧・体脂肪測定を行いながら、日頃体の調子で気になっていることや、家族の介護などについてのご相談を受けました。(左の写真は、新聞社の取材が入っているところ)

080515 039-1.jpg

ふれ合い看護体験というのもありまして、高校生が戴帽式を受けた後、病棟で実際に看護体験♪

←これは実際に新生児のケアをしている高校生。
真剣な顔で一生懸命赤ちゃんにビタミン剤を飲ませています。
これも取材が入って、新聞に掲載されたのだけど、きっと良い思い出になるね^^



 

この記事のURL | 医療あれこれ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
山桜…&あなたのエコを
- 2008/05/11(Sun) -

wall_1_s.jpgもうすっかり桜の花は散ってしまったけど…

昨日は、藤沢周平の山桜を見てきました。
舞台は毎度お馴染みの海坂藩…
風景描写がとてもきれいで、心にコラーゲン貰ったようにしっとりした気分になって観てきました。

なんと言っても素敵だったのが、手塚弥一郎役の東山紀之
物静かな立ち居振る舞いと、その殺陣の美しいこと…

彼は体脂肪10%の裸体を惜しげもなく披露して話題になったけど、着物の上からでもその美しさは充分うかがえましたw
私、映画はどうしても刺激を求めて過激な描写が多いモノを観てしまいがちです。
でも最近の邦画、特に藤沢周平原作の作品はしっとりとした余韻の残るものが多く、今回もとても癒されました。

春の訪れとともに、主人公野江の元にも幸せが訪れる予感…そんな終わり方にもほのぼのさせられました。

この記事のURL | 本・映画 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
椿楼の五目そば
- 2008/05/11(Sun) -


080510 008-1.jpg久々に、母と二人で椿楼で食事をしてきました^^
私の母はラーメンと言うと椿楼です。
私は、椿楼というと五目そば♪

麺は細い縮れ麺!
野菜たっぷりの具に濃いめの味付けのトロ~リとしたあん
たっぷりかかっています^^
今日はいつもにもまして麺が堅めに茹でられていて最高♪


080510 011-1.jpg


080510 006-1.jpg五目そばだけでは物足りなくて酢豚も頼んじゃった♪
ここは酢豚も濃いめの味付けなんだけど野菜類の具は
シャキシャキしていてとっても美味しいの♪
五目ラーメン酢豚でお腹満腹満足満足~!

ここはラーメンだけじゃなくて中華全般のお料理も頼めるので
色々楽しめま~す♪




店名:椿楼(チュンロウ)
    魚料理店、中華料理店、中国料理店、点心店、飲茶店
住所:(〒992-0012)山形県米沢市金池7丁目8-5
電話:0238-22-6700  0120-226713

この記事のURL | 食べ物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
白竜湖
- 2008/05/10(Sat) -

080506 088-1.jpg
なんだかGW終わったら、お天気まで寂しくなっちゃいました^^
思わずファンヒーター付けちゃったりして…北海道は雪ですか???

さてGWのお天気を偲んで^^;…写真は南陽の白竜湖です。6日、息子を仙台に送った帰り寄り道してきました。

あるとき置賜(おいたま、当地方の名称)が日照りで雨が降らず、あちこちで水争いが起こるようになった。
村人は毎晩のように雨乞いをしたが、雨は降りそうもない。そこへ旅の僧がやってきて、気の毒に思い、天に向かって
経文を唱えること三日三晩、一天にわかにかき曇り、ぽつり ぽつり雨が落ちてきて、やがてざわざわと風がおきたかと
思うと、湖から白竜が巻物をくわえて天に昇っていった。それから村人はこの湖を白竜湖と言うようになった。

と言う白竜湖伝説がありますが、ここは赤湯温泉の北東1kmの水田地帯にある湖。大湖水の残存湖で、湖岸は泥炭が堆積した
湿地帯。
周辺は白竜湖泥炭形成植物群落として、県の天然記念物になっているそうです。
元々はどのくらい大きな湖だったのだろ…。それがだんだんと小さくなっていって…

080506 054-1.jpg080506 105-1.jpg080506 067-1.jpg
この日は、GWと言うこともあって、親子連れで釣りをしている人たちが沢山いました。
何が釣れるのかな…

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
看護週間に向けて
- 2008/05/08(Thu) -


080507 001.jpg     5月12日は看護の日
 その日を含む日曜日から土曜日までの1週間が看護週間です。
 5月12日は、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日なんだけど
 それにちなんで1990年に看護の日が制定されたらしい。 

 
 看護週間には、何処の病院でもたいてい色々なイベントを行っている。
 今年の看護週間のメインテーマは「看護の心をみんなの心に」
 もちろん私が勤務する病院でも色々やります。

私は今回イベントのサポート委員と言うことで、吹奏楽コンサートのお手伝いをさせてもらっています。
                       
080507 006.jpg  ←このポスターは私が作ったw
 昨年は、予算が降りなくてポスター普通紙に印刷したんだよね^^;
 (私の担当じゃなかったんだけどね)
 今年は、普通紙に印刷したのと光沢紙に印刷したのを持っていって
 めでたく光沢紙の方が承認^^

 変なところケチらないで、せっかくのPRポスターなんだから
 見栄えのするもの作らなくちゃね(笑)

この記事のURL | 医療あれこれ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
GW最終日 再び新緑の中…&4R
- 2008/05/06(Tue) -

080506 003-1.jpg080506 036-1.jpg
写真は釜房湖と八重桜です。

今日は仙台に戻る長男を送っていきながら、またまた新緑の中ドライブを楽しんできました。
山形蔵王から山形道に入って、宮城川崎で降りるとみちのく湖畔公園のわきに出ます。
GW最終日、ここも盛りだくさんの催し物を行っている様で駐車場は一杯です。
そんな景色を後目に釜房湖のわきを通って仙台市へ…

山形道の笹谷峠付近の新緑も本当に美しかったのですが、車を停めて写真が撮れる場所ではないので、
新芽の広葉樹の萌葱色と、針葉樹の深い緑のコントラストが織りなす山谷間の風景をご想像下さいw

帰りは、行きと同じ道を通って途中寄り道^^

080506 044-1.jpg
西蔵王公園の山吹です。
昨夜の強風で少し花が痛んでしまっていましたが、まだまだとっても綺麗でした。
本当はtaeさんのブログで拝見した山吹ロードへも行ったのですが、そこの山吹は散り始めていて期を逸した感じ…
来年はぜひ満開の時期に行ってみたいなぁ~

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新緑の中ドライブ  (そしてpizza&…)
- 2008/05/05(Mon) -

080504 253-1.jpg
この写真は、栗子峠の新緑です。
走行中の車から撮ったのでちょっと見づらいかもしれませんが、覚めるような新緑と萌葱色の間に白いコブシの花が
点々としています。今まさに春真っ盛りの図…^^

昨日は長男に運転を頼んで、昨年も行った福島のアンナガーデンまでドライブ、次男と実母も一緒です^^
実は毎年目的はここのpizzaと地ビールなんですよ~^^;(だから長男にアッシー君お願いしちゃっていますw)

080504 256-1.jpg080504 257-1.jpg
右の写真に写っている飲み物はもちろんビール(それも黒ですよぉ~)♪
昨年まではglassに注いで出てきたのに、今年はプラコップ…ちょっとさびしいなぁ^^;
でもpizzaは薄くてパリパリで、トッピングたっぷりでとっても美味しかった(^-^)
私、ピザの生地は薄い方が好み♪  だって、生地が薄いとすぐにはお腹一杯にならないから色々注文して、
色々な味が楽しめるでしょw

080504 006-1.jpg
アンナガーデンから撮った吾妻小富士と一切経山です。

帰りは裏磐梯の五色沼を通って西吾妻スカイバレー経由で米沢に戻りました。

080504 143-1.jpg080504 147-1.jpg
錦平の赤滝と黒滝です。
ここは黄葉の頃とても美しい景色が見られるのですが、この時期雪解け水のおかげで水かさを増した両滝の迫力は
なかなかのものでした!

とってもドライブ日よりの一日で、新緑を一杯楽しんできたのですが、母曰く「おまえったら、酔っぱらっちゃって
寝ちゃうものだから、とっても綺麗な桜有ったの気が付かなかったでしょ~?」ですと。
お願い、そう言うときは起こしてくださいよ、お母様~^^;

この記事のURL | ぷらり散歩 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
めん蔵のニラなんばん
- 2008/05/03(Sat) -

 080412 164-めん蔵.jpg080412 162-めん蔵.jpg

先日、山形に行ったとき立ち寄ったラーメン屋さんおいらのめん蔵
県内チェーン店らしいけど、お店も綺麗だったし接客も丁寧で気持ちの良いお店でした。

 080412 156-めん蔵.jpg

注文したのはこれ…ニラなんばんです。一見ただの味噌ラーメン風…しかし!
めん蔵ラーメンの美味しい食べ方マニュアルみたいなのがあって、トッピングにニラキムチをたっぷり乗せて…
凄く美味しかったですよ~スープはあっさりめのとんこつ味。麺は中太の縮れ麺でしっかりとしたこしがありました。

風邪っ気の時とか、身体がとっても温まって良いかもしれない…
でも、これ食べてからデートはまずいかも…^^;

彼女彼氏と一緒に行くのがお勧めかもですねw
080412 155-めん蔵.jpg080412 159-めん蔵.jpg

それと、このお店なにやら一日一善と言うことで店内のボールに盛ったゆで卵を1ヶ10円で
お買いあげいただいて、その一部を募金しているのだとか…
私は、ラーメンでお腹いっぱいになっちゃたので10円だけ募金のつもりでお買い上げ箱に入れてきました^^

店      名:めん蔵 小白川店
住      所:山形市あさひ町16-18 [周辺地図
営業時間:11:30~22:00
電話番号:023-632-3800
定 休 日 :無休日
 

この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上杉祭り  武てい式
- 2008/05/03(Sat) -

ゴールデンウィークと言えば、米沢では上杉祭りの時期でもあります。
この祭り、川中島の合戦は有名で私も何回か見に行っているけど、
祭り中のイベントは、他にも色々あって2日は武てい式というのがある。
合戦前夜に神仏に戦勝を祈るための儀式ですね。

080502 086-h.jpg080502 092-2.jpg 
上の写真は、全軍団の集結した陣に謙信が入場するところ

 080502 104-1.jpg080502 108-2.jpg
これは、侍組の子息達からなる「青龍隊」による演武

080502 112-槍.jpg080502 113-槍.jpg
続いて「馬廻組槍隊」による槍舞

080502 133-1.jpg080502 164-1.jpg
五沾水(ごてんすい)の義

080502 175-1.jpg080502 183-1.jpg
 賜旗

080502 203-1.jpg080502 209-1.jpg
最後に軍奉行の抜刀の号令と謙信公の掛声により、武将達はそれに応え、上杉軍団は降壇行進を行い、武帝式は終了です。

しかし、仕事帰りに滑り込みで会場にたどり着いたため、なかなかいい場所が確保できなくて撮影に一苦労^^;
有料桟敷席とかあるらしいのだけど、ぜひもっと間近で見てみたい…

この記事のURL | 祭り | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。