2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
プチ雪祭り
- 2011/02/12(Sat) -

今日明日は米沢の雪灯ろう祭り。
米沢では恒例の冬の風物詩です。
で、昨日は入院されている患者さんにも、その雰囲気だけでも感じてもらえればと思い、病院の中庭でプチ雪祭りをしてきました。
一昨年前にもプチ雪祭りしたのですが、その時に比べるとちょっと小規模(笑)

2011 02 11_5920-1.jpg

前回よりも雪はいっぱいあったのですが、今回このイベント担当のスタッフがインフルエンザにかかったりなんだりで、
人手不足のためこぢんまりとやってみた(^g^)
本当にささやかな雪祭りだったけど、目をとめてくれた患者さんたちからは「とってもきれいだ。」「ろうそくの火が暖かいなぁ。」
「良いもの見れたなぁ。」と嬉しい反応をたくさんもらったよ。

2011 02 11_5931-1.jpg
仕事は仕事で大変だけど、こんなときに関われる患者さんとの会話や笑顔に勇気づけられてエネルギー充填しています。

2011 02 11_5929-1.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 医療あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
武勇伝♪
- 2011/01/08(Sat) -

2011 01 08_5412-1.jpg
昨日の雪は凄かったですね~!
青空駐車しておくと、一時間もしないうちに車が真っ白( ・_・;)
そんな状況の中、昨晩は準夜勤務でした(゜。)

だからほら、帰ろうと思ったときの愛車の状態がこんなです。
(屋根の雪を掃いてから写真撮ったので、本当はもっと雪だるま状態だった)
今までだってシンシンと雪の降り積もる冬の日々はあったけど、13年ぶりに病棟勤務に復帰しての大雪の日の夜勤帰り…。
はっきり言ってしんどいなぁ~~~
でもくじけないぞ!!!

「雪酷いね。」「20センチくらい積もるみたいだよ。」「今晩はこのまま泊まっていったら良いんじゃない。」
雪の降り具合に、帰りの心配をして声をかけてくださる患者さん。
なんだか嬉しそうに「積もってるぞ~。」って話しかけてくださる患者さん(笑)

お世話している人たちに心配していただいて、それはそれでちょっぴり幸せなコミュニケーション♪
昨日はそんな夜勤でした。

さてタイトルの武勇伝!
誰の武勇伝ってもちろん私めのでございます。
今回はミラクルな交通事故のお話ではなく、仕事中の出来事です。

その日は深夜勤務でした。

お正月のなごりで入院患者数も少なく、穏やかな夜勤だった筈なのですが…。

その事件は、朝方起きました。
一人の患者Aさんがトイレに行ったまま、15分たっても戻って来ません。

食欲不振と脱水状態で、ベッド上で過ごしていたAさんは、最近は調子が良く御自分でトイレに行かれるようになっていました。
ですが、なんだか嫌な予感がして、男子トイレを覗きました。
トイレは洋式トイレ(ドアがアコーディオンカーテンですぐに開けられる)が2コと、普通の内鍵がかる和式トイレ1コです。
体力のないAさんは当然洋式トイレに入っていると思ったのですが、いない…。

でも、和式トイレのドアが閉まっている…。

もしやと思い、Aさんの名前を呼ぶと返事がありました。ホッとして『大丈夫ですか?』と聞くと「気持ちが悪い…。」とおっしゃる。

『ドアを開けて下さい。』と頼みましたが「開けられない…」と。
あわてて椅子に上がって個室の中を覗くとAさんはドアに背を向けた状態でトイレの床にヘタリこんでいて、動けない様子。

外からトイレの鍵を開けようとしましたが、なんと鍵がみつからない(危機管理まずいです)。
椅子を二つ重ねて、よじ登れないか試みましたがちょっと高さが足りません。

警備員さんを呼ぼうと同僚は言いますが、何とかならないかと隣の洋式トイレに回り込みました。
洋式トイレは患者さんが立ち上がるときに掴まる手すりが良い高さの所にあるのです。
結局その手摺りに足をかけてよじ登り、トイレの壁を越え和式トイレに入り、無事Aさんを救出することができました(笑)

Aさんは疲労困憊していましたが、命に別状はなく事なきを得ました。

出勤してきた主治医にAさんがトイレから出られなくなった件を報告すると…。

Dr「それでどうやって助けたの?」

私「壁よじ登って助けました。」

Dr…マジマジと私の姿を見て大笑いしながら「ご苦労さん♪」

なんで笑うって、私ワンピースの白衣だったんですよ~!

と言うことでまた笑い話を作ってしまいました。

背に腹は変えられずの行動でしたが…今年一年も波瀾万丈の予感です。

この記事のURL | 医療あれこれ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
プチ雪祭り
- 2009/02/14(Sat) -

2月の米沢といったら、やっぱり雪灯篭祭り♪
毎年のように写真を撮りに行っていましたが、今年は待機日に当たったことと、暖冬の影響で雪灯篭も寂しい状態のため
撮影は断念(/_<。)

ですが昨日は、院内の中庭でプチ雪祭りを行ったので、ご紹介させていただきます^^

P1050468-2.JPG
これは私が所属している委員会が企画実行を行ったイベントで、入院なさっている患者さん達にも雪灯篭祭りの雰囲気を少しでも味わっていただけたらという思いから実行したものです。

P1050439-1.JPGP1050451-1.JPG
病院の中庭も地面が見えるほどの雪不足だったのですが、委員の一人H氏が2時から雪集めをして天地人・愛・そして北斗星を雪面に刻んでくれました。
そして他の委員達も4時には中庭に集まって、雪ぼんぼりを作ったり、蝋燭を立てたり…
5時半点灯の予定でしたが、みんな早く蝋燭に灯を点したくて結局5時ちょっと過ぎに点灯(笑)

P1050483-1.JPGP1050455-1.JPG

P1050505-1.JPG
最初の愛の字は、字の輪郭に沿って15分蝋燭立ててあったので、ものすごく明るく見えたのですが、15分蝋燭が消えると暗闇の中、愛の字の中に置いた蝋燭が内側から字を浮かび上がらせてしっとりとした美しさでした。

P1050507-1.JPGP1050513-1.JPG
1時間半あまりのプチ雪祭りでしたが、各階の窓から中庭をのぞき込んでいる大勢の患者さんや病院職員の歓声の声に励まされ、寒さを忘れ消えた蝋燭に再び火を付けながら、蝋燭の光に自分自身がしっかり癒されたイベントでした。

この記事のURL | 医療あれこれ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
クリスマスコンサート
- 2008/12/14(Sun) -

昨日は、恒例のクリスマスコンサートでした。
今年もソウルシェーカーズさんにお願いしましたが、今年が一番豪華な歌声聞かせて貰った感じ^^
メンバーさんに男性の方も増えて、ぐっと厚みのある歌声になっていました。

12 13_7583-1.JPG

ところでゴスペルソングというと、どうしても横文字の曲が多くなるので、入院中のおじいちゃんのばあちゃんへの受けは
今ひとつだったりするんだよね…^^;
それと今年は、あまり動ける患者さんがいらっしゃらなくて(具合の悪い人が多いって事??)観客動員数が少なくて
申し訳ない感じだったのです。

でも、アンコール曲のとき、たまたま見にいらしていたDrふたりに参加していただいちゃって…これは受けました(笑)
お一人はこういう事が大好きなDrなので問題ないのですが、もう一人のDrは予想だにしていなかった展開に、
額に汗して唄っておりました^^

最初の病院代表挨拶をしてくださった課長さんも、恥ずかしいと言いながら赤いケープをまとった状態でご挨拶^^
こういうのが患者さんにとっても喜ばれちゃうのよね^^
12 13_7676-1.JPG

 

 

 

 

12 13_7577-1.JPG

 



そして来年は、小児科病棟のDay roomでミニコンサートなんてどうかなぁ…なんてさっそく来年のことを考えている(笑)



この記事のURL | 医療あれこれ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ハーモニカ コンサート
- 2008/09/17(Wed) -

09 17_2250-1.JPG
今日は、院内でハーモニカコンサートが行われました。
入院している患者さんに、少しでも心の慰めになればと言う院内ボランティア活動の企画です。

演奏してくださったのは米沢ハーモニカ愛好会の方々♪
皆さんご年輩の方ばかりですが、とても力強くそして心温まる演奏を披露してくださいました(^-^)

今回は、8名のメンバーの方による演奏でしたが、一番ご高齢の方は87才とかw(゚o゚)w オオー!
だけど見た目は、70才前後の方達のように見受けられました^^

09 17_2237-1.JPG09 17_2269-1.JPG
曲目の選択も、入院している患者さんのことを考えてくださった内容で、みんなで口ずさむことが出来る懐かしい曲や、
水戸黄門の主題曲など耳慣れた曲を選択してくださっていて、コンサートに来られた患者さん達はとても楽しんでいるように
見受けました^^

コンサートの後、メンバーの方と交流の時間を持ったのですが、その時色々なお話を聞かせていただきました。

09 17_2274-1.JPG09 17_2275-1.JPG
皆さんそれぞれに6本ぐらいのハーモニカをお持ちだそうで、コード毎に音色が分かれているそうです。


09 17_2251-1.JPG

曲目に合わせて、ハーモニカを選択し、時にはメジャーコードとマイナーコードの2本のハーモニカを、重ねて持って吹き分けるそうです。
ちょうどアンコールで演奏してくださった「青い山脈」が2本のハーモニカでの演奏でした♪

皆さん、「ボケ防止にしているのよ~♪}などとおっしゃっていましたが、譜面を読まなければならないし、コードも覚えなければならないし、肺活量も要るし…ボケ防止と言うより、若かりし頃のクラブ活動の延長のようで…青春しているように見えました(笑)

そして口々に、「慣れよ慣れ♪」とご謙遜^^;…継続は力なりと言うところなのでしょうか♪

 

この記事のURL | 医療あれこれ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。